やりたいことがわからないなら性格から天職を探してみよう

こんにちは、現在絵の勉強をしているゆうちゃ(@yucha_xx)です。

私は会社員だった時から、どういう仕事が自分にあっているんだろう?と悩み続けていました。

あるとき自分の強みを生かそうと思って語学系の仕事についてみたものの、まったく合わなかったのですが、この経験から自分が持っているスキルが必ずしも自分に合った仕事に結びつくわけではないことを学びました。

当然といえば当然ですが、当時の私は「語学を活かさないともったいない」というまわりのアドバイスに従ってしまったのでした。今考えると思考停止でしかないですよね。

それから悩みながらいろんな本を読みあさり、やってみたいことはなんでも試してきました。今でもまだいろいろと実験中です。

自分に合う場所を見つけるにはまず自分を良く知ること

やりたいことや、好きなことがわからない人はまずは自分の性格から天職を探してみてはいかがでしょう?

私が悩みながら自分のことを知るきっかけとなった本、「あなたの天職がわかる16の性格」から考えてみたいと思います。

 

4つのタイプから天職を考える

この本では性格を4つのタイプから考え、その組み合わせから自分にあった仕事を探っていきます。 

  1.  内向型(E)、外交型(I)
  2. 五感型(S)、直感型(N)
  3. 思考型(T)、情緒型(F)
  4. 決断型(J)、柔軟型(P)

簡単なチェクリストに答えて、自分の傾向を知り、組み合わせから性格タイプを判断します。もう少し詳しくみてみましょう。

内向型(E)か外交型(I)か

 他人と社会とどう関わり、どんな状態が元気がでるのかを表します。あなたは人と接しているときに一番生き生きとしていますか?それとも自分の内面と向き合っているときの方が元気が出てくるでしょうか?

五感型(S)、直感型(N)

情報の取り方を表します。五感を駆使して正確な情報や実体験を重要視しますか?それとも第六感を信じますか?

思考型(T)、情緒型(F)

意思決定をどのようにするかを表します。ものごとを客観的に見て、状況を分析して論理的に決断をしますか?自分の価値観や感情を大切にしますか?

決断型(J)、柔軟型(P)

ものごとの進め方を表します。計画的に規則通りに進めますか?柔軟に情報を取り入れいろんな可能性のなかから選びますか?

診断をやってみた結果

改めて診断をやってみた結果、私はINFP型。こんな性格タイプでした:

芸術家タイプ

INFP型は、ほかのなにより自分自身の心の調和を尊重している。感受性が鋭く、理想を重んじ、誠実なINFP型は、自分の個人的な価値観を優先しようとする気持ちが強い。自分がたいせつにしている信条や大義は曲げたくないし、個人的に自分が深く信じていることを実践したいと思っている。(以下略)

う〜ん、たしかに!短所なんかも教えてくれます。

夢が実現できないことが明確になっても、自分ではその現実に気づかないため、他人からはいっぷう変わった人間に見えることがあるし、よくわからない人間だと思われることもある。

たしかに現実を見るの、すっごく苦手です(笑)。今も、夢を追うのが楽しくてまわりの状況に気づいてないんでしょうね。。。

INFP型に向いている仕事

  • クリエイティブ・芸術(画家、ライター、デザイナー、役者、作曲家、etc)
  • 教育・カウンセリング(大学教授、臨床心理士、カウンセラー、etc)
  • 健康・医療(栄養士、ホームヘルパー、マッサージ師、etc)
  • 組織開発(人材育成、産業カウンセラー、etc)
  • テクノロジー(プロジェクトマネージャー、人事部、etc)

かなり細かく自分にあったいろんな仕事が紹介されています。私も芸術や音楽、心理学、マッサージなど、興味のあるものが複数載っていました。

その仕事、死ぬまで続けますか?

どうせあと30年40年働くなら、好きな仕事、やりがいのある仕事につきたいですよね。

我慢して、生活のためにと割り切って働くことが私にはどうしてもできません。

我儘と言われたらそれまでですが、好きじゃないことでいくら努力しても、それを好きと思っている人にはかなわないんですよね

それに好きじゃないと成長もできないし、私だったらすぐに飽きてしまいますね(笑)。

私の世代ではもしかしたら定年はやってこないかもしれません。

死ぬまで働くんだったら、やっぱり好きな仕事、興味がある分野で活動したいです。

本当の資産はお金じゃなくて時間

20代はお金が全て!と思っていた私ですが、30を過ぎてから人生の残り時間が確実に減っているのを実感しています。お金は投資で増やすことができても、自分の持ち時間を増やすことはできません。自分の時間を何に使っていくのか、考えることがますます重要なのではないでしょうか。

ぜひ性格タイプからやりたいことを見つけてみてください。

 

ではまた・:*三(  ε:)