絵が独学で上手くなるたった1つの条件

f:id:yusasan:20180115155054j:plain
絵の勉強をしているゆうちゃ(@yucha_xx)です。

絵が上手く描けるようになりたい、学びたいと思った時、ふたつの選択肢があるとします。

  • 独学または本から学ぶ
  • プロから直接指導を受ける

あなたならどちらの選択肢を選びますか?

ハリネズミ
 

どっちのほうがいいの??

どっちもメリット・デメリットがあると思う。独学でも上達できる人はいるしね。でも私はやっぱりプロから直接指導を受けたい派!

ゆうちゃ
 
ハリネズミ
 

ふーん、どうして??

それはね、自分を信用してないから(笑)

ゆうちゃ
 

 

独学でうまくいく人、いかない人

模写を5年間続けてもうまくいかない人がいる一方で、アニメ私塾の室井さんのように模写からはじめて3年でジブリに入社するほどの実力をつける人がいます。

ゆうちゃ
 

この差はいったいなんだろうか・・・?

ちなみに室井さんの著書、すごく勉強になります↓

独学で上手くなるたった一つの条件

ここでは、一部の天才をのぞいて話を進めましょう。

才能がある・なしにかかわらず独学で絵の描き方を上達させることはできます。

ただし、これにはひとつ条件があるんです。

それは、自分の能力を客観視できるかどうか

自分は何が得意で何が不得意なのか。

そして長所を伸ばす、または欠点を克服するにはどういう訓練が必要なのか。

独学で上達できる人は自分を徹底的に客観視できる人なんじゃないかと思います。

そして、教えられなくても自ら気づきを得ていける人。

残念ながら私はこのあたりがすごく苦手なのです。。。

なのでプロから学び、時には理論を使って上達していくのが私の戦略なんですね。

 

指導を受けたほうが効率がいい場合も

趣味として楽しく描きたかったり、時間がたっぶりあるのなら独学でもいいでしょう。

でも社会人が限られた時間の中で技術を上げるとなるとちょっと厳しい。

時間を効率良く使いつつ、できるだけ速く上達するには、指導を受けたほうが効率がいい場合があります。

わざわざお金をかけて学ぶメリットはたくさん:

  • 上達する時間を短縮できる
  • 第三者から客観的に見てもらえる
  • お金をかけることで学ぶ意識が生まれる

などなど。

一人で悩んでぐるぐるまわり道をするくらいなら、他の人がすでに経験してうまくいった方法を取り入れて、その中で失敗を重ねた方が速く上達できると思いませんか?

どんなスキルでも、身につけるには一定の時間がかかってしまう。

だったら他人の力を上手に利用して短縮するのもありですよね。

私も今までいろんな講座を渡り歩いてきました。

お金は確かにかかりますが、身銭を切った分は確実に身につくものだと実感しています。

ハリネズミ
 

最初に道具の使い方だけ教わるのもいいよね!

質の良い情報は人を介して伝わる

以前MANZEMIの講義で印象的たっだ言葉があります。

情報は集まるところには集まっている」。

逆に言えば情報が落ちてないところは全くないし、自分で探し当てるのは難しいということでもあると思うんです。

そして本当に使える情報というのは、人を介して伝わるもの。

ネットで全てを知ることはできないんだな、と感じた瞬間でした。

そういう意味でも、プロの方やいろんな経験とスキルを持った人と直接話ができるというのは大きなメリットですよね。

 

独学でもできる練習方法

一方で、ひとりでもできることもたくさんあります。

  • 模写 
  • クロッキー
  • 簡単なモチーフのデッサン
  • 自分の作品を作る

私も自宅では飽きないように上記をローテーションしながら練習しています。

そして、忘れがちですがやっぱり大事なのが自分の作品をつくること!

いつまでも練習ばかりしていて、本番を迎えないのは意味ないですからね。

 

自分に合った練習方法が知りたい方はこちらもおすすめ:

 

どうなりたいのか目的から逆算しよう

なんのために絵を描きたいのか、将来どうなりたいのかは人それぞれ。

 

目的から逆算して時間を上手に使っていくことが大事なのではないでしょうか。

絵や芸術の世界って「ここまでやれば終わり!」というのがないのが良いところ。

それでもある程度期間を決めて取り組むことで、しっかりとした土台を作っておくことを私はおすすめしたい。

ある程度技術がついてくると、もっと楽しく、もっと自由に描けるようになってくると思うんですよね。

私もその境地を目指してまだまだ旅の途中。

どんな景色が見えるのか今から楽しみです。

 

ゆうちゃ

 

合わせて読みたい