名刺やチラシを作るなら、楽しく遊べるレトロ印刷を試してみては?

f:id:yusasan:20170710193544p:plain

こんにちは、絵を描いているゆうちゃ(@yucha_xx)です。

先日、大阪で紙マーケットというイベントに行ってきました。

ここは、わけあって印刷で使えなくなくなってしまった紙を1枚から販売している紙のフリマ。

どこを見渡しても紙だらけ!とっても楽しい雰囲気でした。

f:id:yusasan:20170425212434j:plain

 紙を自由に組み合わせて、自分だけのオリジナルノートを作れるコーナーなんかもあります。

f:id:yusasan:20170425212639j:plain

 手作りのお菓子やコーヒーが売っているコーナーもあったりと、まるでお祭り!

 業務では使えなくても、まだまだ使える立派な紙たち。

それをいろんな人の手にとってもらおうと、この取り組みをはじめたレトロ印刷JAMさん。

ここでは、普通の印刷屋さんとちょっと違う手法を使って印刷しています。

ハリネズミ
 

へえ〜なにが違うの?

その名の通り、レトロ印刷と言って、とても温かみのある仕上がりになるんだよ。

ゆうちゃ
 

今回はそんなレトロ印刷の魅力をご紹介したいと思います!

 

スポンサーリンク
 

レトロ印刷ってなに?

こちらは紙マーケットでいただいてきた、レトロ印刷で作られた名刺やチラシの数々。

f:id:yusasan:20170425214755j:plain

 雰囲気があってとてもかわいいですよね!

 レトロ印刷とは、一色ごとに色を乗せていく印刷方法。

このため、色がランダムにずれる「版ズレ」や「混色」、「かすれ」が起こります。

仕上がりも一枚一枚違うので手作りのような風合いがあります。

その秘密は従来のオフセット印刷とは違う印刷方法にあるんです:

レトロ印刷とは、自動孔版印刷機(リソグラフ)を使った簡易印刷です。
雑誌やポスターなど、よく目にするフルカラーの印刷物(オフセット印刷)とレトロ印刷とは大きく異なります。水と油が反発することを利用して印刷を行っているオフセット印刷に対し孔版印刷とは、スクリーン状の版に細かい穴を開け、そこからインクを紙に押し出す印刷技法です。

また、レトロ印刷とオフセット印刷との大きな違いの1つはインクにあります。 オフセット印刷では油性インクが使われていますが、レトロ印刷では半水性(エマルジョン)インクを使用しています。紙に直接インクがのったような仕上がりになるのも孔版印刷ならではのおもしろいところです。

他にもインクを盛った「ツヤプリ」や、金や銀などの特色も普通の色と同じように使えたり、いろいろ遊べて楽しそうですよね。

 

レトロ印刷に適した原稿の作り方

原稿の作り方も従来と少し変わってきます。

レトロ印刷に適した原稿を作るポイントは以下の4つ。

  1. 1色につき1ファイル
  2. すべてグレースケールで作成する
  3. 混色させるかどうか決める
  4. 仕上がりサイズで作る
  5. インクを指定する

詳しい原稿の作り方はこちら

原稿はデジタルだけでなく手描きにも対応しているので画像編集ソフトがなくても気軽に発注できるのがいいですね。

 私もこちらで名刺を作ってもらおうと思います!

 

ではまた・:*三(  ε:)