人物は法則で描ける!人体の比率の話

f:id:yusasan:20170708175109p:plain

絵を描いてるゆうちゃ(@yucha_xx)です。

絵を描き始めた当初からの悩みが、人物やキャラクターが描けない!というものでした。

ゆうちゃ
 

人物クロッキーや写真模写を繰り返してもなんかうまくいかない。。。

たくさん描けばうまくいくんじゃないの?

ハリネズミ
ゆうちゃ
 

たくさん描いてもうまくいかない原因を2つ考えてみたよ。ひとつは、骨や筋肉の知識が足りないこと。そしてもうひとつは、人体の比率を知らないこと。

見たままを描くこともいいですが、理論を使って考えることも大切。

今回は人物を描くさいに必要になってくる比率(8頭身)について考えてみたいと思います。

最初は男性の比率をもとに、女性の比率を見ていきましょう。

スポンサーリンク
 

人体の比率1:肩幅と身長の関係

まず紙の上に頭の先と足の位置を決めておきましょう。

その長さを2分割すると股間の位置になります。

f:id:yusasan:20170622053455g:plain

そして、肩幅を4倍すると身長と同じ長さになる、と言われています。

2分割した線をさらに2分割すると肩幅の長さを求めることが出ます。

f:id:yusasan:20170622053452g:plain

こうして描いてみると、4つの正方形の中に8頭身の人物が収まることがわかります。

 

人体の比率2: 肩幅と頭の関係 

 4分割したものをさらに2分割すると頭の高さになりますね、身長の1/8の長さです。

そして肩幅を3分割すると頭の幅を出すことができます。

 

f:id:yusasan:20170622053447g:plain

 

人体の比率3: 上半身の比率

上半身の長さを3分割すると肩の位置とウエストの位置が出ます。

肩の関節を肩の位置に、腕の関節をウエストより下の位置に、それぞれ描きます。 

 

f:id:yusasan:20170622053444g:plain

 

手首の関節の位置は、股間より少し上に取ります。

関節同士を繋げて腕が描けました。

上腕が少し長いことがわかると思います。

ちなみに手はだいたい頭の3/4の長さになります。

 

f:id:yusasan:20170622053441g:plain

 

首を描きたして、さらに首の真ん中から肩に向かって線をひくと僧帽筋ができます。

そして肩からウエストに向かって線を引いて胸の部分を作ります。

実際のウエストの位置はウエストの線より少し下にきます(点線部分)。

これで上半身ができました!

 

f:id:yusasan:20170622053548g:plain

 

人体の比率4: 下半身の比率

続いて下半身の比率を見ていきましょう。

まず、全体の4分割をした位置に膝の関節を描きます。 

男性の場合は脚の間の隙間は狭めにとりましょう。

線で結ぶと太ももができました。

 

f:id:yusasan:20170622053545g:plain

 

一番下の線から少し上に足首の関節を描きます。

そして、ふくらはぎが膨らむところをアタリでとりましょう(点線)。

これで脛と足を描くことができました。

 

f:id:yusasan:20170622053542g:plain

  

人体の比率5:女性の場合

 男性と比率はほとんど一緒ですが、以下の6点に注意して変えると女性らしくなります:

  • 首が細い
  • 肩幅が狭い
  • 関節は小さめ
  • 肘が少し内側に入る
  • ウエストは細い、腰は広い
  • 脚の間の隙間が広い

f:id:yusasan:20170622053539g:plain

人体の比率6:顔の比率

f:id:yusasan:20170710221755g:plain

 

顔の比率もざっくり見ていきましょう。

まずは顔を正面から見た場合。

頭の幅を1とした場合、頭の高さはだいたいアジア系で1.5、ゲルマン系で1.6になります。

顔を横から見た場合は、奥行きが1.3(アジア)~1.5(ゲルマン)くらいになります。

キャラクターの特性に合わせて調整してみてくださいね。

 

f:id:yusasan:20170716231142g:plain顔のパーツがある位置はこんな感じ:

  • 目:頭の高さの半分の位置
  • 眉毛:目の少し上
  • 鼻先:眉から顎にかけて半分の位置
  • 唇:鼻先から顎にかけて半分より上
  • 耳の付け根:目の高さと同じ、横から見た場合は頭の幅の半分の位置
  • 生え際:全体の2/8

 

人体の比率まとめ

ここでご紹介した比率はあくまでもガイドラインでしかありません。

人物には個体差があるものだし、キャクターによって頭身やバランスは変化するもの。

あくまでも参考程度に使ってみてくださいね。

とはいえ、実物を見て行うクロッキーや写真模写の際には役に立つと思いますよ。

 

ではまた| ・ω・)ノ