絵は誰でも描けるようになる!デッサンを1年間続けたらこうなった。

f:id:yusasan:20170728183517p:plain

絵を描いているゆうちゃ(@yucha_xx)です。

はやいものでデッサンをはじめてから1年が経過しました!

「もう1年たったの?」という驚きと同時に、「1年も続いたんだ」と感慨深い気持ちでいっぱいです。

好きなこと、興味があることはまず1年間やってみる。

自分に合っているのか、そして今後も続けていきたいか見極めるにはちょうどいい期間だと言われています。

ハリネズミ
 

率直な感想は?

正直まだまだ全然やり足りないし、まだまだうまくなりたい!

ゆうちゃ
  

絵って描けば描くほどだれでもうまくなれるものだと思うんです。

今までの経験とかセンスよりも、訓練がものをいうんだと証明したい。

今回は、1年間絵を描き続ける中でどんな変化があったか作品を通してご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
 

デッサンをはじめたきっかけ

他の記事にも書いていますが、私がデッサンをはじめたきっかけはこうです。

絵が「描けるようになりたい!」と思い立ったときに、まずは何から始めればいいのか、どうすればいいのかわからなかったんですよね。

ゆうちゃ
 

とりあえずデッサンやればいいんじゃね?

という軽い気持ちでアトリエをネットで探して、そのまま初心者向けのクラスに申し込みをしました。

あと、その時読んでいた本にも絵を描く基礎はデッサンにある、みたいなことが書いてあったのでそれを素直に信じました。

それまではちゃんとしたデッサンの訓練を受けたことなかった私のデッサンのイメージってあまりいいものではなくて:

  • つまらない
  • 苦行
  • とにかく楽しくない

と思っていたんですよね。

ハリネズミ
 

かぶってるよ!で、実際はどうだったの?

実際にやってみたらすごく楽しかったんだよね〜。先入観よくない!

ゆうちゃ
 

「デッサンって大変そう」とか「イラストが描きたいんであってデッサンがやりたいんじゃない!」と思っている人ほどぜひ一度は体験してほしいなと思います。

あと、私の場合は出会った先生がすごくよかったというのもあるんですよね。

やっぱり人間同士なので相性は大事!

 

デッサンを1年続けた結果

デッサンをはじめるとまずは立体の原型を描くことになります。

  • 球体
  • 立方体
  • 円柱
  • 円錐

これはどのスクールに行ってもたぶん一緒ですね。

で、私がはじめて描いたデッサンがこちら:

だいぶ酷いですが、最初なんてこんなもの。

慣れてくるとだんだん目もよくなってくるし、どう描き込んだらいいのか分かってきます。

今まで描いたもので気に入ってるのがこのあたりです。 

 

#デッサン #石膏

A post shared by YUCHAN (@yucha_xx) on

 

#デッサン #鉛筆 #絵 #artwork #pencil #drawing

A post shared by YUCHAN (@yucha_xx) on

 

最初と比べるとだいぶ成長しました!

1年続ける中で気づいたのは、人それぞれ得意なものと苦手なものがあること。

例えば私は布や羽などふわふわしたものはすごく苦手で、ガラスや金属の方が得意です。

逆の人もいるので、なかなか面白いですよね。

 

初心に返って思うこと

あらためて1年間振り返ってみて、まだ全然描けないなと思うこともしばしば。

まだまだ自分のクオリティには納得できていません。

この先どう変わっていくのか楽しみながら続けて行きたいと思います。

そして誰でもできるようになるんだよ、ということを今後も発信し続けます。

絵はいいぞ〜〜!

 

ではまた| ・ω・)ノ