北海道・ニセコを楽しむ!一人旅や女子旅のおすすめスポット7選

 f:id:yusasan:20170930111927p:plain

蒸し暑くてじめじめした夏はいや・・・夏の間は涼しいところに行きたい!

そんな風に思うことありませんか?

ゆうちゃ
 

毎年言ってるわ・・・

今年は北海道へ移住した友人に会うためにはじめてニセコ町を訪れてきました。

私はつい数年前までこの町の存在すら知らなかったんですよね。

ニセコ?それどこの国??という感じ。

あまり聞きなれない名前ですよね。

でも実際に訪れてみたらほんとうに素敵な場所だったんです。

3日間という短い旅でしたが、思い立ってすぐ行動してよかった。

そんなニセコの魅力をたっぷりお伝えします!

スポンサーリンク
 

1年中楽しめる北海道・ニセコ町の魅力

ニセコといえばウィンタースポーツを楽しむリゾート地。

パウダースノーが有名ですよね。

新千歳空港から車で約2時間、小樽から約1時間半のところにあります。

 

じゃあウィンタースポーツをしない人は楽しめないの?

そんなことはありません!

このエリアは夏は過ごしやすく、実は春も秋もとても綺麗な場所。

そして温泉もたくさんあるんです。

私が訪れた9月後半はちょうどハロウィンに向けてかぼちゃがいっぱいでした。

 

宿泊はやっぱり温泉宿がいい!『甘露の森』

今回宿泊したお宿は『甘露の森』さん。

こちらは露天風呂がある温泉宿です。 

 

一人では広すぎる豪華なお部屋・・・・

f:id:yusasan:20170929153501j:plain

 

 そしてまわりは森に囲まれていてとても幻想的!

癒されます・・・

 

ニセコ昆布温泉ホテル甘露の森

住所:北海道虻田郡ニセコ町ニセコ415

TEL: (0136) 58-3800

HP: http://kanronomori.com/

 

『神仙沼』で自然を満喫するトレッキングコース

アンヌプリで登山もいいけど、ちょっとしたトレッキングを楽しむなら『神仙沼』がおすすめ。

 

木道に沿って自然を楽しみながら歩きます。

f:id:yusasan:20170929155027j:plain

f:id:yusasan:20170929155037j:plain

f:id:yusasan:20170929154309j:plain

 

紅葉がはじまって、色づきはじめた様子。 

綺麗ですね〜!

f:id:yusasan:20170929154351j:plain

f:id:yusasan:20170929155104j:plain

 

神仙沼自然休養林

TEL: 0135-73-2011(内線127)

 

 

一瞬で美肌になる泥の温泉が最高!『雪秩父』

ニセコではとにかくあちこち温泉が湧いています。

それも、場所によって泉質が違ったりするからおもしろいんですよね。

温泉好きにはたまらないのです!

そして蘭越町にある日帰り温泉施設『雪秩父』では美肌効果バツグンの泥の温泉があります!

 

すでに硫黄のにおいがすごい。

f:id:yusasan:20170929194419j:plain

 

美しい山々に囲まれた露天風呂に入れるなんて、ほんとうに贅沢!

しかも町営なので入場料500円というお手頃さです。

美容に貪欲な女性のみなさんは絶対入るべき!

 

交流促進センター 雪秩父

住所:北海道磯谷郡蘭越町字湯里680−2

TEL: 0136-58-2328

HP:  http://www.town.rankoshi.hokkaido.jp/yukichichibu/

  

 

おいしいスイーツと羊蹄山(ようていざん)が絶景な『ニセコミルク工房』

北海道といえばおいしい水、空気、そしてごはん!

食べることはやっぱり大きな楽しみですよね〜

ということでここからはグルメを中心にお届けしますよ。

ハリネズミ
 

北海道といえばチーズだよね!

 

まずは牧場に隣接している『ニセコミルク工房』。

乳製品を使ったあらゆるスイーツが食べられます。

f:id:yusasan:20170929202059j:plain

 

中でもおすすめはこちらのチーズタルト

パイ生地はサクサク、中身はとろっとしたクリームのような食感。

甘すぎずちょうどよいです。

f:id:yusasan:20170929195503j:plain

 

レストラン『プラティーヴォ』では新鮮なお野菜を使ったランチビュッフェも楽しめますよ。

 

そしてなんといってもここは『羊蹄山(ようていざん)』が綺麗に見える絶景ポイント!

形がちょっと富士山に似ていますね。

f:id:yusasan:20170929200224j:plain

 

ニセコミルク工房

TEL: 0136-44-3734

HP:  http://www.niseko-takahashi.jp/milkkobo/

 

 

新鮮なお刺身を食べるなら『花吉』

ゆうちゃ
 

やっぱ海鮮でしょ〜!

新鮮なお刺身や海鮮が食べたくなったら『花吉』に立ち寄ってみてはどうでしょう。

ここではランチとディナータイム両方営業しています。

 

近くでとれた新鮮なマグロを使ったマグロ丼とエビのお味噌汁。

ランチなのに豪華です。

f:id:yusasan:20170929203712j:plain

 

鮨 花吉

TEL:  0136-44-3444

 

 

『LOFT倶楽部』でジンギスカン焼肉を堪能

ゆうちゃ
 

ジンギスカンは定番よね

ニセコ町はもともと外食できる場所が少なく、夜は営業していなかったりするんです。

その中でも『LOFT倶楽部』はめずらしく夜11時まで開いているお店(ランチはお休み)。

 

外観と内装もかわいいんです。

f:id:yusasan:20170929202258j:plain

 

羊のお肉ってクセがあるイメージですが全然そんなことありませんでした。

特性ラムジンギスカンをおいしくぺろっといただきます。

f:id:yusasan:20170929202504j:plain

迷ったらディナーはここで決まりですね!

 

LOFT倶楽部

TEL: 0136-44-2883

HP: http://www.loftclub1989.com/

 

隣町の『比羅夫』はおしゃれなカフェがいっぱい

 少し足をのばして隣の比羅夫に行くとそこはまるで外国!

ニセコや比羅夫には現地でビジネスを営む外国の方も多く、移住者がとても多い町。

そのためか、おしゃれなカフェがたくさんあるんです。

どこにいっても海外から来ているお客さんを見かけてびっくりしました。

ここは北欧か・・!

 

さすがにコーヒーも本格的なものばかり。

スタバ民よ、これが本物のコーヒーの味だ!

のんびりできて友人と思わず話し込んでしまいました。

f:id:yusasan:20170929205058j:plain

 

Green Farm Cafe

TEL: 0136-23-3354

 

 

ニセコの交通機関や移動手段について

スキーシーズンはバスも多く走っていて便利ですが、閑散期は残念ながら公共の交通機関はあてになりません。

やっぱり車が一番!

私は運転ができないので今回は友人が送り迎えや案内などしてくれました。

サイクリングを楽しみたいという人はニセコ駅近くのレンタルバイクを利用することができます。

そして町内のちょっとした移動はにっことバスを利用すると、200円で好きな場所で拾ってもらえて、好きな場所で降ろしてくれます。

ただし予約制なので、事前に電話で時間や場所を相談してみましょう。

 

にこっとバス

TEL: 0136-43-2200

予約受付時間: 8〜18時 

 

旅行でも移住でも、ニセコはとても魅力的な町

ニセコに来て私が一番おどろいたのはそこら中にある天然の水道!

f:id:yusasan:20170930111900j:plain

 

普通に水が湧いてます・・・

しかもおいしい!

地元の方々はペットボトルを持って汲みにくるそうです。

こんなところからも自然の豊かさを感じますよね。

ありきたりかもしれませんが、自然が豊かだと心も豊かになれる。

知らないうちに着込んだ鎧を少し捨て置いてこれた気がします。

世界中の人がこの町を訪れ、年々人口が増えているのも納得です。

東京のような利便さはないものの、 とっても暮らしやすいことろなんだと感じました。

 

ハリネズミ
 

次は冬の景色も見てみたいよね!

雪が降ったらまた幻想的で美しいんだろうね〜

ゆうちゃ
 

そんな自然豊かで美しいニセコに遊びに来てみませんか?

ではまた| ・ω・)ノ