お絵かき初心者がデッサンをはじめて2年がたったので成果を報告します

f:id:yusasan:20180929144313g:plain

絵を描きはじめて3年目に突入しました!

落書きをはじめたのが2016年6月。

デッサン教室に通いはじめたのが2016年8月。

1年たったころにこちらの記事で成長を記録しています:

あれからさらに1年。

2年目の成長も備忘録としてまとめてみたいと思います。

枚数がかなりあるのでしばしお付き合いくださいませ。

スポンサーリンク
 

2年目で描いた枚数は20枚以上

こちらが2017年8月から2018年8月ころまでの作品。

一部載せていないものもあるのでデッサンだけで20枚以上は描いている計算です。

けっこう描いてますね〜!

 

とくに専門に入学した4月以降はかなり上達を感じられると思います。

デッサン教室では1枚の絵に対して4〜6時間しかかけていなかったのに対して、専門では10〜20時間かけているので密度と見応えが全然違いますよね。

2年間絵を描き続けてわかったこと

学校に行かないと上達しない、という話ではなくて結局は「絶対に描ききってやろう」とか「食らいついてやろう」という執念によって上達するものだと感じています。

それを先生方やまわりの生徒たちの姿を見て学びました。

経験があるかないかは関係なく、本当にしつこいくらいの執念ですね。

「密度」や「濃さ」とも言い換えることができるかもしれません。

 

画力を一気に上げる方法とは?

アニメ私塾の室井さんのツイートを引用させていただきます:

 

この「枚数 × 密度」という法則はほんとうにその通りだと思います。

ただなんとなく枚数を重ねてもなかなか上達しないんですね (経験済み)。

もちろんはじめたてはそういう時間があってもいいと思います。

でも確実な成長を狙うんだったら1枚1枚、目的をもって集中して描いていきたいものです。

3年目も楽しむぞ!

 

ゆうちゃ