【2年目】お絵かき練習日記 (2017.6〜2018.6 )

f:id:yusasan:20190402143425g:plain

お絵かき練習日記、1年目に引き続き2年目のまとめです。

2年目はデッサンとクロッキーを中心に漫画を描いたりした年でした。

1年目の記事はこちら:

スポンサーリンク
 

ひたすらデッサンをしていた

お絵かきをはじめて2年目も相変わらずデッサンが楽しくて続けていました。

f:id:yusasan:20190402151737j:plain

f:id:yusasan:20190402151804j:plain

f:id:yusasan:20190402151834j:plain

f:id:yusasan:20190402151902j:plain

デッサンがない日はクロッキーしたり模写したりとか。

 

f:id:yusasan:20190413121856j:plain

f:id:yusasan:20190413121923j:plain

絵を毎日描く習慣がちょっと板に付いてきた感じです。

 

人体の勉強をはじめる

しばらくして人体の筋肉の名前や骨の構造について学びはじめました。

いわゆるアナトミーというやつですね。

f:id:yusasan:20170513164318g:plain

が!!!

やはりまだ私には早かった・・・!

目と手が慣れていない状態で知識を得ても、使いこなせない感じがありました。

f:id:yusasan:20190413121519j:plain



 

うーん・・・

まずはクロッキーやジェスチャードローイングでいっぱい描くことを優先したほうがよかったなと思います。

人体の比率は知れてよかったですが。

いずれ生かせるようになりたい・・!

 

クロッキーの手法を教わる

2018年頭、篠原先生にクロッキーとデッサンを教わる機会があって、これがめちゃくちゃよかったです。

もういっかい受けたいくらい。

f:id:yusasan:20190402153158j:plain

デッサンとクロッキーを漫画やイラストなど、どうやって作品に繋げていくか?を大きなテーマとして扱っています。

やっぱり自分の作品を作ることが最終目的じゃないですか。

デッサンやクロッキーの描き方、絵を描くうえでの考え方、粘土を使った立体把握の講義などいろんなアプローチが取れたのもよかったです。

 

f:id:yusasan:20190413121627j:plain

 

お題:消せない画材で5本以内の線で描く

f:id:yusasan:20190413121411j:plain

 

お題:動いているポーズを描く

f:id:yusasan:20190413121324j:plain


お題:実物を見ながら粘土で頭部を作る

f:id:yusasan:20190413122626j:plain

 

素振りを1000回するくらいのノリで5分クロッキーを1000枚描いてみる、手を動かす。

この一言は今でも付箋に描いてトイレのドアに貼ってあります笑。

授業の内容が毎回レベルアップしているみたいなのでぜひおすすめしたい。

 

心境の変化

2年目あたりからから少しづつ心境の変化が芽生えました。

どうせやるなら仕事と絡めてやりたいな、と思うようになって。

体調を崩す前はデザイン業務をやっていたのでその分野にまた戻りたいな〜とぼんやり考えはじめました。

仕事しながら画力アップできたら最強・・・!

とはいえかなりのブランクがあるのでスキルはほぼゼロ。

必要最低限の技術を身につけるために専門に1年間いくことを決めます。

また、春にははじめての同人誌も頒布できて嬉しかったですね

新たなスタートを切り、3年目へと続きます。